簡単!LARPで使えるやさしい弓矢をつくる ~弓編~

弦を引き絞り、狙いを定め、矢を放つ。弓矢を使った戦いって憧れますよね。とはいえ、本物の弓矢を人に向かって撃ってはいけません。そこで「人に撃っても痛くない」安心な弓矢を作って、LARPを始めとした体験ゲームでスナイパーになっちゃおう!というコーナーです。(※安全に絶対はありません。必ず自己責任のもと、十分注意して遊んでください。)

矢編はこちら

レッツ弓矢

材料と道具

まずは必要な材料と道具を揃えましょう。東急ハンズならマテリアルのフロアですべて揃います。お近くのホームセンターやオンラインショップでも手に入るかもしれません。

PE補修糸×2m

化学繊維でできた丈夫な糸です。ストリングになります。 太さは1.5mmが目安です。 2mほどしか使いませんので、一巻き買うとなかなかなくなりません。緑や黒がよく売られていますが、黒のほうが見栄えが良くなります。手に入らない場合はタコ糸でも構いませんが、耐久性に劣ります。

ABSパイプ×2本

プラスチックのパイプです。弓の本体になります。外径12mm、肉厚2mm、内径8mm、長さ1000mmのものが2本必要です。弓の性能と安全性に直結する部品になるので、素材と大きさはこの通りにしてください。次の継ぎ手と合わせるため、できるだけ内径の大きい個体を選びます。

金属丸棒×1本

2本パイプをつなぐジョイントになります。外径8mm、長さ100~150mm前後のものが1本必要です。材質はステンレスがおすすめですが、簡単には曲がらないものなら何でも構いません。ABSパイプに差し込むため、できるだけ外径の小さい個体を選びます。店頭で買う場合はパイプに差し込めるかどうかを確認しましょう。

O型リング×1個

ゴムでできたリングです。継ぎあわせたパイプがずれないように差し込みます。内径8mmのものが1個必要です。

ビニールテープ

50mm幅のビニールテープがベストです。ABSパイプと合わせた色が良いでしょう。

硬質プラスチック用ノコギリ

ABSパイプに切込みを入れるために使います。

Amazon:硬質プラスチック ノコギリ

はさみ

補修糸を切るために使います。きっとどこのご家庭にもあると思います。

製作

① チップ

チップの切り方

チップ

チップはストリングを引っ掛けるための溝です。 弓の両端にあります。今回はABSパイプに切込みを入れて作ります。図のようにノコギリで斜めに切込みを入れましょう。2本のパイプそれぞれの片側に作ります。

② ストリング

ストリング

PE補修糸を2000mmほど切り取り、両端をもやい結びにします。輪の先から先までが1850mmになるように調整してください。

③ 弓本体の組み立て

本体の組み立て①
本体の組み立て②
本体の組み立て③

まず、金属丸棒にO型リングを通し、真ん中あたりまで押し込みます。固い場合はハンマーで叩きます。次に、チップを外側にしてABSパイプ、金属丸棒、ABSパイプの順に差し込み、全長2000mmの弓本体を組立てます。差し込みながらABSパイプの向きを調整して、チップが同じ方向を向くようにしてください。最後に、ビニールテープを一巻きします。

④ ストリング張り

アーチェリーと同じ、プルプッシュ法を使ってストリングを張ります。この弓はとても柔らかいので、ストリンガーは不要です。

完成

やわらか弓矢

これで完成です。やわらか弓矢ライフをお楽しみください。

使用場所まで運んでから③、④の組み立てをすると、コンパクトに運ぶことができます。

2018年は大変お世話になりました

2018年もいよいよ最終日。
本年は我々アビソミニアにとって、本当にたくさんの経験をさせていただいた一年となりました。
2017年11月にスタートした小さなイベント団体、ただがむしゃらに、文字通りがむしゃらに突き進んだ一年でした。

2018年、『アビソミニアとして』携わったり、主催させていただいたイベントはこんな感じです。

1月  まるごとLARP体験会
2月  静岡LARP
5月  ファンタジーゲート
6月  まるごとLARP体験会
7月  シューティングスターLARP×アビソミニア コラボLARP
8月  コミックマーケット94
9月  TRPGフェスティバル
10月 第1回アビソミニアLARP
11月 第2回アビソミニアLARP
12月 コミックマーケット95


他にも主催や中核ではないものの、星森魔法市やゲームマーケットのお手伝いなど、様々なところで活動しておりました。
2017年11月の発足から一年と少し、改めて振り返るとかなり頑張ったような気がします(笑)
各種イベントのほか、8月のコミケでは当団体の発足のキッカケとなったLARPルール『ソムニティア』も発売、12月はシナリオ集も発売……と、活動として目に見える形を作って来れたかな、と。

ただ、作ったり主催するほうが忙しくてサイトの更新とか告知とかがおっついてない事態が発生したのは中の人的に反省ですとても反省です

今年はまさに地固めの一年。来年はまた新たに様々な挑戦をしていきたいなと思っております。LARPの楽しさは文字通り無限大。更に楽しく面白く、皆様と関わりながら笑いあえる時間を作っていけたならば幸いです。

本年度は誠にお世話になりました。
2019年も、アビソミニアをどうぞよろしくお願いいたします。

2019年1月12日(土)、第3回アビソミニアLARP開催!

2019年1月12日(土)に単独では3回目となるLARPイベントを開催します。

今回の世界観はファンタジー。
参加者の皆さんが持ち寄る
『こんなファンタジー世界を冒険したい!』という思いを詰め合わせた世界です。

前回の様子をダイジェスト動画にしましたので、雰囲気をぜひご確認ください!

完全新作シナリオとなりますので、過去にご参加いただいた方も新しい冒険をお楽しみいただけます。

衣装がない、武器がない方も安心。
冒険に必要なアイテムは、レンタルをご用意しております。

演技が苦手な方も大歓迎。
キャラクターにのめり込むもよし、異世界に召喚された気持ちで楽しむもよし。
メタネタを使うのもアリ。

敵とのバトルはカード判定。
ダメージが入るかどうかはカードの駆け引きで決まりますので
長文詠唱も某ジャプ漫画の必殺技も出し放題。
思う存分、攻撃モーションを楽しんでいただけます。
チャンバラバトルでは難しい酔拳や居合もばっちこい!
世界観は『参加者のやりたいファンタジーの融合』ですので
メラ●ーマとメ●オとかめは●波と……色々混ざるのも大歓迎。

一日限りの冒険譚、どうぞお楽しみください!

============================================
開催日   2019/1/12(土)

開催時間 【昼の部】13:00(受付開始12:45)~16:30
【夜の部】17:30(受付開始17:15)~21:00

会場    パラダイススタジオ代々木村
幡ヶ谷・初台・代々木八幡・代々木上原駅より徒歩10分

詳しい会場地図はこちら

============================================

お申込みはこちら!(パスマーケットにリンクします)

10/28&11/11 アビソミニア単独LARPイベント開催!

10/28(日)と11/11(日)に、東京は四ツ谷三丁目にてアビソミニア初の単独LARPイベント『おはなばたけのさんぞく』を開催しております!

今回のゲームでは、当団体のオリジナルLARPルール『ソムニティア』を使用。カードを使用した判定式の戦闘で、運動が苦手な方も安心。
また、キャラクターによって移動できる距離が異なるため、シミュレーションRPGのような戦略もお楽しみいただけます。

ぜひご参加くださいませ!

早速申し込む方はこちら

7/28(土)、アビソミニア×シューティングスター コラボLARP開催!

2018年7月28日(土)に、関西のLARP団体『シューティングスターLARP』さんとのコラボレーションLARPを開催することになりました!

 

こちらはPC数12名と、かなりの大所帯のストーリーLARPとなります。
バトルはフルコンタクト(リアルタイムにチャンバラする方式)で
現在開発中の『ソムニティア』とはまた一味違ったルールとなります。
(魔王さまがなぜ『魔王』なのかを、身をもって体験できる……かも?)

お申込みはシューティングスターLARP様のページから行っていただけます。
申し込み締め切りは7/14(土)、皆様ふるってご参加ください!

アビソミニア×シューティングスターコラボLARP 申込ページ

ストローで作るLARP矢

はじめに

海外のLARPでは弓矢が使われていますが、国内のレギュレーションでは使えない事が多いです。そのため、より安全性を向上させたストロー製の矢が一部で使われています。本稿では、このストローLARP矢の作り方をざっくりと紹介します。

なお、実際のゲームで使用できるかは各団体の判断によるものですし、確実な安全性を保証するものではありませんので予めご了承ください。特に、使用前後や使用中の点検が大切です。道具は常に壊れる可能性を考えて遊びましょう。

また、本稿では触れませんが、弓矢の性能には弓も重要です。このストロー矢は1~1.5lb程度の弓のために設計しています。

矢の基本

作り方の前に、矢の各部の名称を解説しましょう。アーチェリーの呼称になっています。

材料

まずは材料を準備しましょう。必要な材料は以下のとおりです。どれも身近なホームセンターや100円ショップで手に入るものかと思います。なお、販売店はあくまで一例です。

  • 太いストロー(直径10数mm程度)
    • 販売店:100円ショップ
    • 備考:「タピオカドリンク用」として売られている
  • ビニールテープ(幅50mm)
    • 販売店:ホームセンター
  • EVAキャンプマットなどのフォーム(厚さ10mm程度)
    • 販売店:ホームセンター
    • 備考:LARP武器に使うパディング材相当

作り方

1. シャフトの長さを決める

まずはシャフトの長さを決めます。弓の大きさや強さと体格によって変わるので、自身に合わせた長さにしましょう。短すぎると引いた際に溢れてしまいますが、長すぎるとオーバードローできてしまいます。そのため、短い方がより安全と言えるでしょう。

2. シャフトを作る

シャフトの長さ分のストローを並べ、テープで巻いてつなげます。接続部以外はテープを貼らないようにしましょう。硬くなってしまいます。シャフトの長さに合わせて端のストローを切断します。

3. アローヘッドを作る

アローヘッドはターゲットに痛みを与えないための重要な部品です。柔らかい素材で作ります。まず、フォームを20mm×100mmに切り出し、真ん中で折ります。これをシャフトの先端に差し込み、テープで巻いて固定します。

4. ノックを作る

壁にあたって跳ね返るなどし、ノック側が人に当たることもありえます。その際怪我をしないよう、ノックも柔らかい素材で作ります。まず、50mm×50mmのテープを2枚切り出し。10mmずつずらして貼り合わせます。これをシャフトに巻き付けながら、筒状にします。更に、真ん中で半分に切ります。これでノック2個分になります。次に、切れ込みを入れます。ここに弓のストリングを引っ掛けることになります。最後にシャフトにかぶせ、テープで一巻きして固定します。

5. 完成

これで完成です。

屋外で飛距離が必要な場合は、ウィングを付けるとより安定します。簡単で安全なウィングは、ビニール紐をしっぽのように生やすことです。いくつかに割いておくと空気抵抗が増え、ウィングの役割を果たすはずです。

コミックマーケット94、当選しました!

2018年8月10日(金)に東京ビッグサイトで開催される

『コミックマーケット94』の参加が決まりました!

 

配置は

『金曜日 東ホール ハ-55a』です。

 

コミックマーケットでは当団体で使用しているLARPルール『ソムニティア』の販売を予定しております。ルールブックはもちろん、ゲームで使用するカードもガツッと盛り込んだセットになる予定です。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

 

LARP武器の安全性

はじめに

安全なLARP武器って?

LARPが広まりつつあり、そのための武器を扱うお店も複数出てきました。しかしながら、安全なLARP武器とは?どのようなものが初心者向けなの?といった疑問も増えていることでしょう。ここでは、簡単な物理学的な要素をもとに、LARP武器の安全性を紐解いていきます。なお、筆者は物理学の専門家ではありませんので、ここで用いる物理モデルはかなり簡略化したものです。また、武器の安全基準は団体によって異なります。どこでもOKが出ることは保証できません。予めご了承ください。

どんな人向けの記事?

新しくLARP武器を買いたい人。LARP武器の安全基準を考えたい団体。LARP武器を作りたい人など。

LARP武器とは

まず、LARP武器とはどのようなものでしょうか。LARP武器は硬質な芯材を、柔らかいスポンジ状の素材で包み込んで作られる模造武器です。投擲用など、芯材が無い武器もあります。本物の武器よりも軽量で、緩衝材があるため、実際に叩き合う様な戦闘に用いても怪我をしないようになっています。

LARP武器の物理的要素

速さ

最初に、武器を振る速さについて考えてみましょう。速さは武器の使用者がコントロールできる唯一の要素です。同じ条件の武器でも、ゆっくり振れば安全で、速く振れば危険になります。同じ野球ボールを投げつけられるところを想像してみるといいかもしれません。ゆっくりぽわんと投げられれば痛くないですが、プロ野球選手の投球を受けたらどうなることでしょう。

重さと重心

武器の重さはその扱いやすさと安全性に直接的に関わります。軽いほど安全で、重いほど危険です。同じ大きさの鉄の玉と木の玉を同じスピードでぶつけることを想像するとわかりやすいでしょう。また、軽いほど武器の制御がしやすくなりますので、初心者向けと言えます。一方、重心も重さと関わりがあります。重心が持ち手に近いほど、武器が軽いのと同じような効果が得られるでしょう。逆に遠ければ、重いのと同様です。

長さ

長さは、武器の全長と言っていいでしょう。厳密には、握っている部分からターゲットに触れる部分までの長さが重要です。既成品のカタログにも載っている値ですので、武器を選ぶ指標の大切な一つと言えるでしょう。結論から言えば、長さは短いほど安全になり、長いほど危険になります。長さは、直接的には安全性には関わりません。しかし、長くなるほど重く、重心が遠く、切っ先の速さは速くなります。短い方が初心者向けと言えるでしょう。しかしながら、短すぎると戦術的には不利になるため、躍起になって振り回してしまうなどという事態も考えられます。また、短すぎると直接的な体の接触が起きやすいのは留意が必要です。

緩衝材の柔らかさと厚さ

LARP武器には基本的にフォームと呼ばれる柔らかい緩衝材が使われています。簡単に言えばスポンジです。パディングと呼ばれることもあります。緩衝材は柔らかいほどより多くの衝撃を吸収できるので安全になります。ただし、より深く沈み込むようになるため、柔らかいほど十分な厚さが必要になります。緩衝材の柔らかさは数値化が難しいようで、その判断も感覚的なものになりがちです。

その他の安全性

他にも、表面の滑らかさと破損のしにくさ、破損したときの安全性も大切です。表面が荒かったり、尖っていたりするとかすった際に怪我をする恐れがあります。絶対に壊れない武器はありませんが、かといってすぐに壊れてしまうようでは困りますから、耐久性も重要です。万が一壊れても、深刻な怪我に繋がらないようになっている必要もあります。流通している市販品では、これらはしっかりと考慮されているものが多いでしょう。

まとめ

すべてまとめると、ゆっくり振って、軽く、重心が近く、パディングが柔らかくて厚く、短い武器が安全ということになります。しかしながら、全てを安全な方向にしなければいけないわけではありません。それぞれの要素が補完しあえるのです。ですから、長い武器が使いたければ重心を近くにする。細い武器が使いたければ軽くするなど、それぞれ要素のバランスを取ることが大切です。

ファンタジーゲート2nd、開催!

2018年5月19日~20日に開催された『ファンタジーゲート2nd』に、スタッフとして参加してまいりました!

会場はまさに異世界。スマホさえ結界に阻まれる秘境の地。
そこに、ファンタジー世界が顕現しました。

お天気にも恵まれ、新緑の中のびのびと異世界探検と美味しいものを堪能するのがこちらのイベント。

テント立てたり

日銭稼ぎに盗賊になったり(なぜ)

シャボン玉と戯れたり

美味しいもの食べたり、飲んだり

依頼を出したり、受けたり

自由な環境の中で、それぞれが思う存分『自分の体験したいファンタジー世界を体験する』イベントとなりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

またいつかゲートが開く日が……果たして?

アビソミニアのyoutubeチャンネルができました

アビソミニアの公式youtubeチャンネルができました!
こちらでは各種イベントの様子やダイジェスト動画などをアップしていく予定です。
各動画はサイトでもアップしていきますが、
興味のある方はぜひチャンネル登録してみてくださいませ^^

 

アビソミニア公式youtubeチャンネル